旅の中で生きる

parantica sita、パランティカ・シータ。

アサギマダラという蝶の本を読んでいました。

 

蝶は、魂の変容のシンボルであって、復活や輪廻、回帰の意味もあるし、
象徴としての蝶を思うととても力強いものだけれど、
生物としての蝶は、わたしにとっては、儚さを感じるものでした。

 
わたしの身近には、魂の象徴が蝶であったりするひとや、
何十頭の蝶を毎年育てて羽化させて、放していたりするひとがいて。
わたし自身も、
いちばんご縁の深い女神様の化身が黒揚羽蝶だったりもするのだけれども。
 
けれど、わたしは、蝶に対して
どちらかというと今まで、そこまでの思い入れはありませんでした。

 
だけど、この、アサギマダラという蝶のことを
偶然みたいに不思議な知り方で知ってから、
もっと知りたくて知りたくて、泣けてくるほどで。
不思議な、渇望みたいに。

 
この蝶は、わたしが今まで知っていた蝶とは違っていて、
年に2回も、1000kmから2000kmも、旅をして生きている蝶、
なんと、国境を越え、海を渡る蝶なのです。
アサギマダラの名の通り、羽は半透明の浅葱色、
時々虹色に光る薄い水色、でものすごくきれい。

 
よく、捕食されずに海なんて渡れるなあ、と思ったら、
天敵が少なく、捕食されにくい蝶なのだそうです。
その理由のひとつは、
幼虫のころから、毒草を食べて育ち、成虫になって吸う蜜でも、
毒になるものを体に蓄えているのだからだそうで。

 
2日間に、740kmもの距離を海上移動するほど速い、
力持ちであるとか、長寿であるとか、賢い、体が強い、
とか色々不思議な特性があるのだけれど。


 
とても心惹かれるのはやっぱり、
春には、涼しい北を目指して、
秋には、暖かい南を目指して、
ただ、ずっとずっと旅をしている、というところ。


 
台風を活用して移動したり、雨が降る前に一気に遠くまで飛んだり、
気象をも読みながら旅をしているのだって。
 
羽化後、4~5ヶ月の寿命の中で、小さな体で2000kmもの距離を移動している蝶。
旅をしながら子孫を残して、なにも持たずに、なにも残さずに、
ただ旅の中で命を全うする。

 
渡り鳥にはとても強い思い入れがあるけれど、
蝶にそういう魂を感じるとは、思ってなかった。

 
もしも、蝶になるならば、この蝶になりたいな。

なんだか、もう魂の一部がこの蝶の中に入ってしまったみたいで、
夢までね、みました。

 

Invitation to Luxury Adventure

Invitation to Luxury Adventure

 というインヴィテーションが。
 先日、大すきなグローブトロッターから届いておりました。



 それを見て、ふわっと思い出した。

 ああそうだ、わたしは冒険の旅が大すき。
 だけど今生では、ヒッピーみたいじゃなくて、ラグジュアリーな冒険がしたいんだ、
 かっこいいトランクを持って、素敵なホテルに泊まって。




 バックパックを背負ってひたすら歩いたり、雑魚寝の宿に泊まったりはしなくても、
 どんな急流下りだってするし、でこぼこ道を猛スピードで走り抜けることもする。



 今までもそうしてきたんだ。
 そして、それが一番心ときめくことだったんだ、って思いました。



 私にとって、「本当にいいもの」は、その物を手に取ったとき、心や、魂が感じられるもの。
 それはもちろん、魂のすべてをこめて丁寧な手仕事をしている作家さんたちが作ったもの。



 それから、
 古くからずっとあるもの、高級品とされてきたもの、やはりきちんと、魂がこもっているから。



 そして、そういう、高級なものは、高級なら高級なほど、お飾りとしてではなくて。
 本当に自分の体で使いながら、共に生きる感じ がすごく好き。
 というか、それ以外はしたくない。



高級品とされているものは、使い倒す感じが、いちばんしっくりくる。
 というか、使い倒さねばまったくかっこよくない。



 たとえば、個人的には、
 「きれいなグローブトロッターのトランクをピカピカのまま、そのほかの高いバッグも傷がつかないように気をつけながら使う」
 そうゆうのは全然よくわからなくて。



 理想は、質のよい品物を本当に、びっくりするくらいほんの少しだけもつこと。
 ずっと旅の途中みたいに。



 バッグも靴も5つ以内とか、
 ワードローブも何となにを組み合わせても素敵なほんの少しとか、
 いつかそこにゆきたいな。



 リッツカールトンと、アメリカの古いぼろぼろのモーテル、両方が心からすき。
 値段とか関係なく、わたしの中でそのかっこよさはどちらも変わらない価値。


 大すきなかっこいいホテルに泊まれなくて、半端な妙なホテルに泊まるのなら
 砂浜にテントを張ってキャンプする方がいい。


 その感覚で、人生を一生生きてゆきたいです。

 

 

 

 


Maleficent

マレフィセント をこの前みてきました。
 
誰もが知っている事実とは別の、かくされた真実があったりもすること
真実の愛は、光も闇もすべてを中にくるんでいてものすごく強靭なこと
 
わたしの信条?ふたつが語られていたと感じたので、
とても胸に響きました。

たとえば、憎しみや復讐心すらも、もとを辿れば何かを好きになる気持ちから。
そこから真実の愛にゆけるか、どうか。

一見、「愛ではないもの」こそが本当の愛であったりするのです。
だから、目に見えるものだけ見ていては本当のことは何もわからない。
ほんとうの世界は、感じることでしか現れない。

 
Lana del Reyの"Once upon a dream"がダークでものすごくよかったので、
サントラを買ってずっと聴いています。
 
なぜかわからないけれど、子供のころから、マレフィセントはただ怖いだけじゃない…
とおぼろげに感じていて好きだったから、なおさら、感動したのかも。
 
 
Once upon a dream
 
あなたを知っている
いつか遠い夢の中で 一緒に歩いた
 
あなたの瞳はとても懐かしくて
わたしに語りかけて輝いていた
 
物事がすべて目に見えるとおりそのままだなんて、
そうそうないことはわかってるけれど、
 
あなたが本当に
夢で会ったあなたなのなら
 
わたしはこの後 どうなるか知っているわ
あなたは一目でわたしを 好きになってくれる
 
いつか夢の中で出会った あの時のように

Only lovers left alive

今年はあまり映画みてないけど、ジャームッシュの新作、Only lovers left alive、すごくすきでした。


何世紀も何世紀も生きてる純粋な魂のアダムとイブ。

アダムは自滅的なロマンチストで儚くメランコリックな内面をもった、アンダーグラウンドでカリスマ的存在のミュージシャン。


イブは、そんな、世を儚み人類を嫌うアダムを仕方ないわねって言ってる大人で、イブの方がアダムよりかは人類のこともきっと愛してる。


ずっとずっと生きてるから、かれらは何でも知っていたり、どんな楽器だって弾けたりして、

そして、お互いに、my lordとかmy ladyとか古臭く素敵な言葉で呼んだりするんだけど、

サングラスかけてクラブに遊びに行ったり、チェスをしながら血のアイスキャンディーを食べていたり。
とってもかわいいふたり。


かれらの服装がほとんどに渡ってアダムが黒、イブは白、チェスもそうだし、

そもそも名前はアダムとイブ、とにかく対になるひと組のことをずっと言ってる。
極めつけは、量子力学の不思議な相互作用の話。


双子の魂を、ひたすらにものすごくかっこいい表現の仕方で描いた映画なのでした。


ふたりは結婚しているけれど、
一緒に居たり、居なかったり。
遠く離れて住んでたり。


だけど3000年前から続いていて、途切れたことがない愛の話。


ロマンチックで切なくて、でも今は現代でクールに生きている、永遠の命をもったふたりの話。


吸血鬼というファンタジーなのにすごく現実で、


このテーマをこんな風に描けるなんて、ずるいー、かっこよすぎると、もう、なんか、しゅるると力がぬけました。



お財布

I love youさんで作ってもらいました。
お仕事用のお財布です。

なんとゆうか、すごく楽しくて軽やかな、持ってると嬉しくなるお財布。

わたしは、
これからも誰かの心に火を灯せるようなろうそくをつくっていって、

このお財布にお金が入ってきたり、また出ていったりする。

そういうことを、このお財布のエネルギーの感じでやってゆきたいなって、

手にしたとき思いました。
どうやらそういう決意もこもったようです。

 


楽しくて軽やかで嬉しくなるような感じで。

ロアルド・ダールもこのお話を書いたとき、きっとそんな感じだったかな。

なんか、きれいな楽しい世界から、手紙というか、チケットをもらったみたいな感じ。
いろんな世界を繋いでしまうけいちゃん、すごくすてき。

どうもありがとう。



It Couples

うちにIt couplesという写真集があるのだけれど、見ていて思ったこと。


すてきな二人の間には、

かわいい、いい香りの空気が流れている感じがするなあって。
思わず微笑んでしまうような。


わたしの好きなカップルたちも出てます。


ショーン・レノンとシャーロット・ケンプ・ミュール

熊みたいなショーンととっても美しいシャーロット。
ふたりともおしゃれですごくかわいくて、才能に溢れているなんてすばらしい…。
GOASTTのアルバムもとってもよいのです。






ミック・ジャガーとマリアンヌ・フェイスフル

ロックスターと貴族のお嬢様という組み合わせがなんだかかわいくてきゅんとくる。






王冠より愛を選んだ、エドワード8世とウォリスも、
とっても素敵な写真で出ていました。

"ウォリスとエドワード"を観たけれど、
なんだか胸がいっぱいに。
素敵な映画でした。



 

Gold

カトラリー新しくしました♪
妹に教えてもらった、渋い金色の。
marianneという名前もすてきだし、日本製とゆうところもよい。

 


あー、晩餐会がしたい。
古い洋館の大きなテーブルで細いろうそくたくさん立てて、

給仕さんにすべてやってもらう…




 


懐かしい

空の色。

たまに見る夢の中の、あの世界の空の色。

いつか帰れるところの色。

 

その場所をなんだかこの現実で見せてもらえそうなときがあって、
まあでもそうそう簡単には飛んでもゆけなくて、
 
なんでしょうな。
そういうものなんでしょうな。

 
だけど、一見困難にみえるけど、
ためいきをついたり、やっぱむりって思うのが目的じゃないことはわかってる。

 
信じきることができたなら、どこへでも飛んでゆけるって、

 
ちゃんと知ってるのだよね、本当はね。
たましいがね。



Larimar & Labradorite

石が大すきです。
 
左は、2010年の世界半周旅行中に、
ドミニカ共和国で出会ったラリマーの大きなルース。

 
右は、昨年、いろいろな意味で重要なときにやって来てくれた、
すごくパワフルなラブラドライト。


 
ラリマーには数年前からすごく惹かれていて、
小さなペンダントは持っていたのですが、
どうしても、大きくて青が深くて波模様がはっきり出たルースに出会いたくて、
ずっとずっと探していました。
続きを読む >>

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM