Maleficent

マレフィセント をこの前みてきました。
 
誰もが知っている事実とは別の、かくされた真実があったりもすること
真実の愛は、光も闇もすべてを中にくるんでいてものすごく強靭なこと
 
わたしの信条?ふたつが語られていたと感じたので、
とても胸に響きました。

たとえば、憎しみや復讐心すらも、もとを辿れば何かを好きになる気持ちから。
そこから真実の愛にゆけるか、どうか。

一見、「愛ではないもの」こそが本当の愛であったりするのです。
だから、目に見えるものだけ見ていては本当のことは何もわからない。
ほんとうの世界は、感じることでしか現れない。

 
Lana del Reyの"Once upon a dream"がダークでものすごくよかったので、
サントラを買ってずっと聴いています。
 
なぜかわからないけれど、子供のころから、マレフィセントはただ怖いだけじゃない…
とおぼろげに感じていて好きだったから、なおさら、感動したのかも。
 
 
Once upon a dream
 
あなたを知っている
いつか遠い夢の中で 一緒に歩いた
 
あなたの瞳はとても懐かしくて
わたしに語りかけて輝いていた
 
物事がすべて目に見えるとおりそのままだなんて、
そうそうないことはわかってるけれど、
 
あなたが本当に
夢で会ったあなたなのなら
 
わたしはこの後 どうなるか知っているわ
あなたは一目でわたしを 好きになってくれる
 
いつか夢の中で出会った あの時のように


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM