The magic will work Slowly and Eternally

魔法はゆっくりと 永遠に
 
2014年もそろそろおしまいです。
今年は、夏至にはじめての個展をひらけたこと。
 
ろうそくでこの世界であらわしてゆきたい大切なテーマを、
小さくとも発表することができたこと。
 
それをさまざまな方に見ていただけたことは、私にとってとても大きなことでした。
夏以降、実は心身の調子を崩してしまい、
つくること、あらわすこと、全て出来なくなってしまっていました。
 
ご迷惑をおかけしてしまったお取り引き先さま、
ショップのオープンも大幅に減ってしまったため、
お客さまにもご不便をおかけしたことと思います。
 
心苦しい期間だったのですが、世の中的には大変に遅いであろう、
自分のペースというものをよく知ることができました。
 
来年以降はそれをふまえて、更にわがままで世の中から切り離されたペースの、
偏屈なろうそく屋になることと思いますが(!)
楽しんで、ろうそくの灯りを伝えてゆきたいと思っています。
 
夏至の個展の中で、
王と王妃がお互いにかけていた魔法はよみがえりつつあり、
廃墟の城には灯りがともりはじめ、薔薇が咲きはじめている
ということをお伝えしました。
 
去年もブログに書きましたが、わたしの勝手な解釈ですが
夏至には旅を続けてきた王(太陽)は夏の城にたどりつき、
太陽の力がいちばん長く強く、陽が極まったその時。
 
次の瞬間から再び旅がはじまり、
冬至には冬の城にたどりつく。
太陽の力がいちばん弱く短く、陰が極まったその時、
次の瞬間太陽は再び復活し、また旅がはじまるのです。
 
ゆっくりと、永遠に旅は続いてゆきます。
今年の冬至は19年にいちどの朔旦冬至。
 
太陽(王)がいちど死に、そして復活する冬至と、
月(王妃)がいちど死に、そして復活する新月が重なるという
とても特別な日です。
 
この地球上のすべての王と王妃たちが力を取り戻してよみがえり、
そして再び出会えますように、祈りをこめて。
 
12月22日、どうぞ素敵な冬至をお迎えください。
 
Have a wonderful Yule!
From Aurea magic candles


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM