物語

人生のストーリーは、
緻密で微細で複雑で、

とても美しい脚本で書かれているなぁと、思います。



出会うひとや、起こる出来事に
ひとつも偶然なんかないのだってこと。


2006年以降、どんどんと世界がかわって、

自分がほんとうの自分に戻れるように設定してきた出来事が次々に起こりました。



もしも当時、やってくる出来事をもし知っていたら、

絶対信じないであろうし、

そんなのむりですと逃げ出すに決まっているくらいの事たち。



ひとを傷つけたことや、

受け入れられなかったことや、

自分が嫌になったことや、

さまざまな遠い遠い過去の色々な思いたち、


抱えていた、
ぐるぐる巻きのたくさんの古い荷物をひとつずつ開けて、



そこになにが詰まっていたかをひとつずつ認めて、だきしめて、


もう必要のない思いたちにさようならを言い続けてきました。



そして、ひとりでは絶対にできなかったことを、助けてくれるたくさんの魂の仲間に出会ってきました。



そして私個人的に人生でいちばんの激動だった2013年と、

まぶしすぎる光と、足元も見えないくらいの闇の両方を知って自分のうちに包み込んだ去年を経て、




今年からはきっと、

それぞれ皆、ほんとうに大切なものを大切にしてゆける新しい世界で、


たくさんの魂がこの場所にやって来た時に決めてきた、


それぞれの大切な章がはじまっているんだなと感じます。



今まで、道の遠い先にぽつんと星のようにしか見えていなかった、

あの懐かしくて美しい光はもうすぐそこに見えているように思います。



遠くて遠くて、到底無理と思いながら、

でもどうしてもあの場所に帰りたくて、

泣きながら足を引きずって皆よく歩いてきたんだね。



その光のちかくには、懐かしい仲間がそれぞれ皆がんばってたどり着いていて、

ほほえんで手をとることができたとき、


見渡せばいつの間にか、あの美しい光の中にいるのでしょう。


きっと、もうあとすこしです。





calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM