炎について

水や空気は、どこに暮らしてどんな生活をしていても身近だからまだしも。
土に触れたり、炎を見なくなってゆくのはまずいなぁ、と日々感じます。


現代の生活の中では、オール電化などのシステムで、
生活の中で炎を全く見ない場合も大いにあると思います。


でも、「”炎の出ない熱”が安全で、それが基本です」ってなってしまうのは、
とても不自然なことだとわたしは感じていて。


ろうそくは火事が怖いからつけません、
という方もいらっしゃるし、その気持ちもわかります。


昔から、人間にとっての炎とは、
暖を取るため、料理のため、外敵から身を守るために使う手段。

それはもちろん危険を伴うのだけど、だからと排除するのではなくて、
危険だということも知り、相応の覚悟を持った上で、使ってきたものだということ。


もちろん、自然の力だから、気を抜いたら大変なことになるけれど、
真剣に向き合っている限り、炎はこちらの意に沿わない暴走はしないし、
管理の中で動いてくれます。
気を抜かなければ。


命を奪うこともできる大きな力なのだけれど、
そうやって真摯に向き合った時、
その自然の力は暖かく、身体だけでなく心も照らしてくれる。


その認識が自分の中にあれば、
直火を無駄に恐れる必要もなく、
炎を自分の手の中に操らせてもらうことができるのだと思います。


焚き火ができる場所で、焚き火をすることや、
薪ストーブや暖炉を使うこと、
とても大切なことだと思うし、
忘れてはならないことだと思うけれど、
都会の中で毎日それをするのは難しいから。
縮小版として、日々の中でろうそくに火を灯すことは、大切だなって思っています。



大きな光には必ず影ができる。

ものごとには必ず対極の面があるので、
暖かく照らしてくれる炎の力も、こちらが気を抜いて接することで、
人の命を奪う恐ろしいものにもなる。


でも、だからといって、安全第一をかかげ、
炎に触れないで、見ないようにして、遠くへ置いておくのは、
なにかどうしても、違うなと思うのです。


きっと、大昔の人間は日々、
闇とも炎とも、真剣に対峙して生きてきました。
その両方を決して軽んじてはこなかった。


今は、松明を持たずとも夜道は明るいし、
それによって守られているものも沢山あるとは思うけれど。


見えない力への、大いなる存在への、自然への、
畏敬の念を持って、炎を使うことは、

生命のおおもとに触れることだと感じます。
炎は、人間の野性を、正しく呼び戻してくれるものだと感じるのです。





 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM