在ることに還ること

「ひとつ」だった時、完全な調和と完全な愛で在ったこと。

 

 

完全な調和と完全な愛で在るということは、

それが一体どういうことなのかはきっとわからなく、

調和であるという感覚や言葉、愛であるという感覚や言葉も、

もちろんない。

 

 

だから、「ひとつ」は、それを知りたくなった。

その第一歩として、

個であるという感覚を知るために

大きな全体から分離して、

さらに自らをふたつに分けて。

愛であるという感覚を知るために。

 

 

ふたつに分かれたお互いは、どこまでいっても自分だから、

 

 

違う人間の中に入って、

違う魂なのだということをあえて強調して。

そうでないと愛であったことなんて思い出せないから。

 

たくさんのパラレル、たくさんのタイムラインで

争って傷つけあって怒って悲しんできて、

そして別れ別れのまま死んでゆく

 

 

その目的は、本当は魂には傷なんかつかないけれど、

傷を負ったようにお互いが感じることだったから。

 

だけど、もうじゅうぶんその目的は果たされてる。

 

 

だから今、いるこの場所での目的は、

傷を負うこと、悲しく別れたまま死んでゆくことではなくて、

 

調和で在ること、愛で在ることに、もう、還ること。

 

 

一番最初に定めた、「知りたい」は、

一番最後にやっと、知れることになっているんだ

 

 

宇宙の仕組み

とてつもなく、壮大で緻密で

言葉の出ない気持ちになる。

 

 

「宇宙には最初から愛しかないんだよ」

 

 

子どもの頃に聞いた、あの声の言っていたこと、

金色と水色の合わさったこの世界で、

やっとわかり始めている気がします。

 

 

長い長い旅だったね。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM