Aurea magic candles

ろうそくを作る過程は、まるで本当に魔法のようです。

温度によって、
ひとつの物質が、
自在に無限に姿を変え、
さまざまな形を模し、
作り手の望む形に。
火を灯した後には、時には誰も予測のつかない形にもかわってゆきます。


固体から液体へ、そしてまた固体へ。
そして、「火をつける、灯りを灯す」という、
人類史上最も古い魔法のひとつを経て、
再び固体から液体へ、そして気体へ。

固まりだったもの(土)は、
火を得ることで、
いつしか自由に形を変え動くようになり(水)、
最後には私たちの目には見えない空気に帰ってゆきます。

土、火、水、風。

魔法の基本の4元素のエネルギーが、ろうそくにはつまっています。


細かいものづくりは昔から大すきでしたが、
実はわたしはせっかちです。

「あるもの」が、「こうなるべくしてなる姿」、
「あるべき理想の最後の姿」が瞬時に思い描ける場合、
それを実際に完成させるのにかかる時間が、
どうにももどかしく思えてしまったりもします。

なので完成に時間がかかりすぎるものや手法は、
あまりわたしに向いていないようで、
ろうそく作りのスピードはまさに理想的なんだなあと気づきました。

思い描いた物を、最速で目に見える形に表す。

もしかしたら、いつかの昔、私が知っていた魔法はそうだったようです。

私はそれを再現したくて、ろうそくを作っているのだと思います。

そして、このキャンドルの小さな光が誰かの心に、世界にひとつでも多く灯りますように。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM